剃刀を使った自己処理の危険性について

剃刀でムダ毛を処理する人は多いと思います。気軽に家でムダ毛を処理出来ますし、市販にムダ毛処理用の剃刀も多く販売されています。

 

しかし、剃刀を使った自己処理には危険なことも多くあります。

 

剃刀で脱毛をすることは、つまり肌の表面を1枚剥がすのと同じなのです。特に敏感肌の人が剃刀でムダ毛処理をすると、肌が傷つけられて跡が色素沈着してしまう可能性があります。肌が乾燥してしまい、保湿クリームが手放せなくなる事もあります。

 

1度使った剃刀を何度も使用することも危険です。特にお風呂場などの水気のある場所に放置された剃刀には、無数の雑菌が繁殖しています。2回目にその剃刀を使うと、肌に雑菌が入って炎症を起こしてしまう場合があります。

 

大変不衛生ですので、使った剃刀を使い回しするのは避けた方が無難でしょう。最悪な場合は肌が腫れてしまい、医療機関のお世話になることもあります。

 

 深く剃れるという理由で、毛の流れに逆らって剃っていませんか?確かに深く剃れた方がしっかりムダ毛を剃れるので綺麗になりますが、肌を傷つける原因になります。剃るときには毛の流れに逆らわないようにして、肌トラブルを防ぎましょう。

 

剃刀でのムダ毛処理を自分でやるときには衛生面や使い方に十分気を付けて行いましょう。