脱毛による色素沈着とは

何度も自己処理を繰り返していて肌が黒っぽくなった経験がありませんか。自己処理を繰り返し行うと色素沈着やブツブツができて、ひどい場合はタイツを履いても目立つほどになります。これではミニスカートをはくのをためらわれます。

 

カミソリや毛抜き、除毛クリームでの脱毛は費用が安く手軽で、いつでも思い立ったときにできます。手軽なので繰り返し行いがちです。カミソリの場合は毛がすぐに生えてきてしまうので、頻繁に脱毛すると思います。

 

カミソリなどで脱毛をすると角質がはがれて、肌を保護しているバリア機能が低下します。バリア機能が低下すると紫外線の影響を強く受けたり、肌内部の水分が蒸発しやすくなって乾燥がひどくなります。ダメージによりメラニンが生成されて色素沈着ができます。

 

軽い色素沈着なら美白化粧品やビタミンCをたくさん摂取することで回復するケースがありますが、何度も脱毛を繰り返していると色素沈着がひどくなり、美白化粧品などを使っても改善しなくなることがあります。

 

自己処理の回数を減らしたり、正しい方法で脱毛することで、黒ずんだ肌になることを予防できます。自己処理をするのは1週間に1回程度にします。負担を減らすために必ずローションを塗布してからカミソリを使用します。脱毛後はクリームで保湿します。