脱毛を控えるべきときはどんなときか

脱毛をする方法は様々ありますが、肌の状態によっては脱毛を控えるべき場合があります。いったいどんな状態でしょうか?脱毛の方法にもよりますが、ここではカミソリを使った脱毛を前提に書きます。

 

カミソリで脱毛をする場合、肌の表面に傷がある場合は止めておいた方が無難です。傷口が開いてしまうかもしれません。また、火傷をしている場合も同じです。著しい日焼け後も、肌がとても敏感になっていますので、カミソリで処理をするのは止めましょう。皮膚の状態がいつもと違う場合は事故処理を避けてください。

 

女性の方は、生理期間中にムダ毛処理をするのは避けましょう。ホルモンバランスが乱れているときは、皮膚の状態も敏感になっています。生理が終わるのを待ちましょう。

 

医療用レーザー脱毛を受ける場合に脱毛を控えるべきときについて。医療用レーザー脱毛は、強いレーザーを皮膚に当てるので、肌が敏感になっているときは施術を受けない方が良いです。

 

また、日焼けをして肌が黒くなっていると、レーザーが毛根を上手く破壊してくれません。毛根の黒い部分に反応するため、日焼けをしていると上手く照射出来ないのです。

 

脱毛を避けるべきときを知り、上手にムダ毛処理が出来ると良いですね。